そうした審査基準では

キャッシングを活用するには、ご利用する企業の審査に申し込みをして、その審査に通ることが前提です。75-5-36

それでは、そうした審査基準では、使用者のどういった箇所が見られるか。75-6-36

お金の貸出しをする会社は審査を受けると、まず最初、自分の会社の登録名簿に申込みした方が以前にエントリー済みかそうではないのか、調査します。75-16-36

次に、信用情報機関などに連絡して、キャッシングサービスを受けようとしている方の記録があるか否かみます。75-15-36

そして、申込者の才や今までの使用経験というような個人的な情報の要素からも確認していくのです。75-13-36

最終的に、キャッシングを利用させるか否か、いくらくらいの額の貸出しを認めるかなどをジャッジしていきます。75-12-36

審査項目を通ることで、クレジットカードが渡され、お金の貸出しサービス使用することが可能です。75-17-36

キャッシングの手続きには、審査依頼者の個人情報といえるものを余すことろなく見せるつもりで望むことが必要です。75-8-36

自分のことはもちろん家庭や職業や勤務場所や、住宅の状況など審査事項に記入しなければなりません。75-11-36

貸出し会社の審査基準では、このような判断する項目のことを属性と呼びます。75-14-36

その中でも、とりわけ大切とされる属性があり、そこにひっかかってしまった際は、難しい審査を受かる確立は少ないです。

大切とされる属性とは、申込みをする人がいったいどんな方なのかということをジャッジすることができるもので、さらに確証があるものについては重視される流れがあるようです。

中でも、所得レベルが知ることができる属性も重要視されるようです。

月の収入は重要視されるだろうと思われるかもしれませんが、事実上、年の収入は自分で申し立てができるものですので、月の収入自体確認が見れない限りはあまり重要視されるものでないとされています。

真実でない金額の報告も可能な項目であることから、確認できるものより重要とされることはないようです。

また、職種では、中でも「退職率が少ない」業種であれば、通りずらい審査にも関わらずプラスになります。

警察官などの公務員が一つの例で、公職に次ぐ職種では働き率の高いビジネスマンなどになります。

マイナスポイントとなってしまう職業の種類としては「離職率が高い職種」と言えます。

サービス業や、日雇いの労働、自営業や、漫画家なども、安定している職業と見られずらく、審査そのもの自体がパスしづらくなります。

その他、住居では、自分の家であるかどうなのかというポイントは間違いなく重要とされるはずですが、それと一緒に、住んでる年もとても重要とすることは贅沢な所を所持しているどうなのかというよりかは、どういった家でもずっと住んでいるほうが審査そのもの自体は有利になります。

長く住んでいることで、信用できるジャッジされるのです。

Copyright © 1996 www.a-star.biz All Rights Reserved.
75-7-36 75-9-36