納付するという決まりになっています

自動車に乗っている人ならば承知していると思いますが自動車税が徴収されます。セゾンカード ETC

そして自動車税は、中古車買取の際に一般に戻ってくるものなのです。ピューレパール

このことはやると直ぐに頭に入ってきますが、はじめから順を追って説明しましょう。えんきん 1000円

あえて説明をさせて頂けば、国産販売されている自動車だけに限らずイタリア車などでも税が還ってくる範囲になっています。大阪市のクリニックで仮性包茎の治療をしよう

これは愛車などもそうですね。ケノン

自動車税という税金は自動車の所有者が払わなければいけないお金ですが、税額はそれぞれの排気量の大きさによって決定されます。スルスルこうそ

1リッターより小さいなら29500円となり、1リッターから1.5リッターの場合34500円。

これからは500cc刻みで5000円増加していきます。

そしてこの金額は4月1日の時点のオーナーが、その年度の全額を納付するという決まりになっています。

事前納付ということなので自動車を引き取ってもらって、所有権を失った時はその分の税は還ってくるというわけです。

税は事前納付で以後一年分の自動車税を払いますので、年度内に愛車を引き取ってもらった場合は買い取った所有者が自動車税を支払わなければいけないということです。

買取先が専門店の場合は売却時に自分が前払いしている分の税金を返還してくれます。

要は、所有権を手放した際より後の税額は、権利が移ったオーナーが支払い義務を負います。

例えば10月の間に愛車を引き取ってもらったのであれば、11月以降次の年の3月中までの税額は還付されます。

というのは繰り返しになりますが自動車税は一年分を先に支払っているという決まりからも明らかです。

つまり、前オーナーは買い取った相手に払いすぎた税金を返還してもらうということになります。

個人で車を買い取ってもらう場合意外とこのような重要なことに気付かない方が多くいるので、しっかり確かめるようにしてください。

自動車税という税金は車を売った際に還ってくるという知識を意外と知られていない事をいいことにその事実を悪用している悪徳業者もあるのです。

こちらから自動車税に関して言わなければ、全く返金のことに説明しないという場合も聞かれます。

なので車の買い取りをお願いする際には払いすぎた税金が返還されることを確認することをおろそかにしないようにしなければなりません。

Link

Copyright © 1996 www.a-star.biz All Rights Reserved.