ドル高になるのか

パソコンの。

画面の前に座り、動いている為替相場を目を向けていると何やら注文をしたいという思いに突き動かされる場面も少なくないと思います。

しかしながら、あやふやな思いつきでエントリーすることは、間違ってもしてはいけません知っての通り、相場は昼夜を問わず常時マーケットが動いているしマーケットも、動いています。

しかし、だからといって立て続けに売買をするとその回数だけ損失を被る危険が上がってしまいます。

言うまでもなく、注文の回数を経験することによって次第に儲けられる確率が50%、50%になるのは事実です。

しかしこの事実は「なんとなく勘でエントリー」することとは別の問題です。

売買回数を積むとは、自分が「ここは!」と思える機会を得られた状態での売り買いの回数を重ねるという意味である。

ただ、ひっきりなしに売買を積むのとははっきりと異なります。

市場の駆け引きに勝利するためには自ずから意識してけじめをつけることこそが大切です。

「ここはいける」とよく考えた市場の時には、迷わず所持ポジションを積み増して思い切り儲けを追求する。

「だいぶ難解なマーケットで、どう上下するのか思いつかないな」と思った時は潔く保持ポジションをすべて諦めて何もせず静観します。

そのくらいの緩急をつけた方が最後にエントリーはうまくいくものだ。

マーケットの金言には「休むも相場」というものがあります。

まったくその通りだと思います。

為替とは、常に売買ポジションを保有する事が大事ではなく、何も持たずに待っている事もまた、必要です。

それならば、どのタイミングで、休めばいいのでしょうか。

ひとつは、先に述べたように、これからの外国為替市場がはっきりと判断できない時です。

ドル高になるのか、ドル安になるのかが決断できない時は、ヘタに動くと、あなたの書いた脚本とは逆の方向に外国為替相場が推移してしまい損してしまいます。

こんな時はポジションを減らして、そのまま何もしないで様子をみるのがいいだろう。

もうひとつは、コンディションが思わしくない時です。

体の状態と為替相場に影響ないと考える方もいるでしょうが考えている以上に関係があります。

体調が思わしくなければ外国為替相場の判断しなければいけない状況で、必要な決断ができません。

気分が進まない時は市場から遠ざかる事も重要な事です。

Link

Copyright © 1996 www.a-star.biz All Rights Reserved.