www.a-star.biz

自己破産申立てを行ったとしても公的な機関などから近親者に電話がかかるなどということはないと言えます。よって家族や親族に気付かれてしまい破産の申立てが可能かもしれません。ただし実際問題として、自己破産手続きを行う時点で公的機関から一緒に住む両親や兄弟などの給与を記載した書面や金融機関の通帳のコピーなどの書類資料の届出を有無をいわさず求められるというような事態もありますし金融会社から近親者へ電話がかかることもあり得ますから、家族や親族に気付かれてしまい自己破産申立てがすることが可能だという保証はないと考えられます。家族や親類に知らせずにしておいてそれ以降に知られてしまいことに比較するとまず最初から話をして家庭の方々全員が一丸となって自己破産の申立てを行う方が安全でしょう。一方住む場所の異なる家族の人が、自己破産申請を行ったことが明らかになってしまうというようなことは心配する必要はないといえます。配偶者の支払義務を失くすことを目的として別れることを考える早まった夫婦もいらっしゃるようですが、そもそもたとえ婚姻関係を結んだ間柄である場合でも基本的には自らが保証人という立場になっていない限り民法の上では強制はないと言えます。ただ、書類上の(連帯)保証人であるならばもし離婚をしたとしても法律上の義務に関しては残存してしまいますとみなされるため法律上の支払義務があります。ですから、離婚を実行するだけで返済義務の法律上の支払義務が帳消しになるというようなことはまずないのです。さらには、よく貸し手が借り主の家族や親族に請求を実行してしまうような場合もありますが保証人又は連帯保証人でないようであれば子と親の間ないしは姉と妹の間などという親族間の返済義務などについて借り主以外の家庭の人に法律の上では法的な支払い義務はないのです。実際は、借りた会社が支払い義務と関係のない家族や親類などに向けて支払の請求行うことは貸金業関係の法律を実施する上での行政の運営ガイドラインで固く禁止されており支払の請求の仕方にもよりますが貸金業規制法の支払請求の規制に違反することもあります。従って法的な支払義務を負っていないにもかかわらず破産者の家庭が取立てを不当に受けてしまったとすれば、借入先に支払の催促を停止するよう警告を発する内容証明を送るべきでしょう。往々にして借金を持つ人その人のことがとてもかわいそうだからといって本人以外の家族や親類が借入金を代理で請け負って返してしまうという話もありますが本人が好意に甘えてしまいいつまで経っても多額の借金を蒸し返すことが多いのです。という訳ですから借金を持つ本人ことを斟酌すれば厳しいようですが自分自身の手で債務を弁済させるか、自力での更生が見込めないのであれば破産の申請をさせる方が債務をもつ本人人生を考える上では良いと思われます。

Link

Copyright © 1996 www.a-star.biz All Rights Reserved.